開く

仕事について 事務系社員


先輩社員の
活き活きとした姿に
魅力を感じて

事務職

品質保証部
2017年入社 大卒

「品質に対する社員の意識を高め不良品をゼロへ」

私は、全社の品質意識向上活動の企画・運営業務を担当しています。不良品の流出はお客様の信頼を裏切ることです。不良品を流出させない、良い品質を維持し続けるためにも、品質に対する意識を高めることは非常に重要です。会社の品質状況を知ってもらう、品質を維持するために自分には何ができるか、足りない部分は何かを考えてもらえるよう、品質に関するさまざまな情報の配信、イベントを開催しています。

私自身まだまだ品質について学ぶべきことが多い中で、全社員に向けて品質について正確で分かりやすい情報を配信することについてプレッシャーを感じることもあります。しかし、先輩に指導してもらいながら、少しずつ品質への知識を深め、皆さんに役立つ情報を配信するために、日々奮闘しています。

「先輩社員の活き活きとした姿に魅力を感じて」

 私がキヤノンプレシジョンを選んだ理由は、女性が働きやすい職場であることと、仕事とプライベートの両立ができるという点です。会社説明会に参加し、先輩社員の方から会社風土や働く環境について、一人ひとりを大切にしてくれる働きやすい環境だとお聞きしました。公私ともに充実した毎日を送ることができるという点や、先輩社員達の活き活きとした姿にとても魅力を感じました。

「自分のアイディアを社員の皆さんに活用してもらえる喜び」

品質について理解を深めてもらうためにさまざまな媒体で情報を配信していますが、自分が考えた案が形になって、それを活用してもらえた時に達成感や、やりがいを感じます。私の仕事は、製品の品質に直接影響するものではなく、業務を行っている皆さんの意識に働きかけているため、成果が見えづらい部分があります。自分がやっていることが本当に正しいのか、役立つ情報を提供できているのか悩むこともありますが、実際に私たちが作成したものを活用して頂いていることを知った時や、企画したイベントに社員の皆さんが参加して品質に対して前向きな意見をくださった時には、大きな喜びを感じます。

まだまだ未熟な部分が多いですが、先輩や上司にフォローしてもらいながら、日々の業務に励み、充実した毎日を過ごしています。

「自分の経験や強みについて自信をもって伝えてください」

就職活動は不安や緊張で、なかなか思うように自分を表現できないこともあると思います。しかし、自分が経験してきたこと、自分が持つ強みを、自信をもって伝えることが大切だと思います。私は学生時代、今の仕事とは全く別の分野のことを勉強してきました。そのため、製品を作る上での専門的な知識や技術は無く、また特に数字に強いと言うわけでもありませんでした。しかし、そんな状態でも入社試験の面接の際には、私がどんな人間なのか、学生時代どんなことをしてきたのか、人としての部分をよく見てくれたこと覚えています。もちろん専門的な知識、技術をもっていることは強みですが、キヤノンプレシジョンには基礎から学ぶことができる環境があり、自分を成長させるチャンスがたくさんあります。

今の自分に自信をもって、就職活動を頑張ってください。そして残りの学生生活を大切に過ごしてください。

  • 社員の所属は取材当時のものです

<ある日の一日>

  • 8:00 出勤朝会でその日のスケジュールや業務の進捗状況を共有。
  • 9:00 デスクワーク・メールの確認。
    ・庶務業務の対応。
    ・品質に関する啓発資料の作成。
  • 13:00 打合せ業務の進捗状況を報告し、今後の進め方を検討。
  • 14:00 デスクワーク社内で開催するイベントの内容検討、打合せ資料準備。
  • 17:00 帰宅