開く

仕事について 製造系社員


失敗を通して学んだことが
やりがいにつながる

製造職

第一製造部
2012年入社 高卒

「マシンキーパーとして装置点検からトラブルまで幅広く対応」

プリンタ用トナーカートリッジの製造ラインで、マシンキーパー業務を担当しています。主な業務として、製造装置の点検、トナー供給等の作業のほか、トラブル対応を行っています。例えば、装置稼働中に機械が停止してしまった場合は原因を突き止め、修復作業や部品の交換を行います。また、装置を見回り、シリンダーの動きは適正か、エアー洩れはしていないかなど、目や耳もフル稼働させて、安全に安定してラインが動くように心がけています。そのために、常に装置のあるべき姿、良品加工条件を把握し、変化を見つける力が必要です。
日々データの変化や装置調整後の品質確認に十分に気をつけ、お客様に喜んでもらえる良いものを提供できるよう頑張っています。

「働きやすい環境に魅力を感じて」

週休二日制であることや、福利厚生が充実していることがキヤノンプレシジョンを選んだ理由です。実際に入社してみると、長期連休がとても多いので、旅行などの計画が立てやすく、プライベートが充実していると実感します。また、社内に食堂や売店などもあり、さまざまな面で働きやすい環境が整っていることも魅力のひとつです。

「新しいことにチャレンジしてスキルが身につくと仕事が楽しくなる」

新しい知識やスキルを身につけ、その新しく得た知識やスキルを活かせることが仕事の面白さだと思います。
例えば、入社当初は「シリンダー」とは何か分かりませんでした。先輩社員に聞いて教えてもらい、構造や機能を理解していき、今ではシリンダーの交換作業にもチャレンジしています。失敗することもありますが、先輩社員たちに相談しながらも自分で考え、改善しながら取り組んで、うまく出来た時は本当にうれしいです。
自分がつくったカートリッジが世界中で使われていることを想像すると非常にやりがいを感じます。これからもお客様に満足していただけるように、日々品質管理を徹底していきます。

「失敗を通して学んだことがやりがいにつながる」

新しい環境では初めてのことばかりで不安だと思いますが、チャレンジ精神をもって取り組んでいきましょう。最初は何を行うにも失敗がつきものです。でも失敗を恐れていては前には進めません。その失敗を経験して成長することで、やりがいを感じ、仕事が楽しくなるのだと思います。
私たちと一緒に新しいことにチャレンジしてみませんか。

  • 社員の所属は取材当時のものです

<ある日の一日>

  • 8:00 朝礼・前直から引継ぎ
  • 8:10 装置点検・起動
  • 9:00 トラブル対応に関する打合せ
  • 11:45 食堂にて昼食先輩方と一緒に食べています
  • 12:30 切替・トナー供給・装置監視/トラブル対応
  • 16:00 生産終了装置を停止
  • 16:10 次直に引継ぎ
  • 16:30 退社 家では家事を行ったり、趣味(ゲームやYouTube鑑賞)を楽しむことも