開く

仕事について 営業系社員

この仕事の本質は
お客様の課題解決を
ともに行うこと

営業職

営業部
2010年入社 大卒

「DCモータを国内のさまざまなメーカーへ」

日本国内のメーカーへの営業活動や、取引中のお客様の取引上のさまざまな管理、新規の案件獲得が主な業務です。
キヤノンプレシジョンの営業所は神奈川県川崎市から、全国各地に営業活動をしており、私は関西を中心に西日本地区の担当をしています。そのため、宿泊を伴う出張が月に数回あります。余談ですが、出張時の楽しみは勿論ご当地の名産品です。事前に晩御飯は何を食べようか考えてから出張に臨みます。
私の所属する部署から、お客様の要望・課題を正確に工場の開発・製造に伝え、お客様との取引を円滑に進めて、確実にビジネスに結び付けていくことを心がけています。また、当社の商材は「カメラや事務機」の完成品とは異なり、DCモータという部品で、日々「回転するもの、動くもの」に目を向けて、当社商材の販売促進について考えるようにもしています。

「地元への貢献とグローバルな仕事が両立できる会社」

私の出身である青森県の会社に就職して、営業職として地元に貢献したいと思ったのがきっかけです。
また、地方にある会社ではあるものの、「キヤノン」というブランドイメージから「この会社なら世界相手に仕事が出来るのでは?」と思ったのが第一印象でした。
また、学生時代は人と接するアルバイトの経験から、営業という職種を意識するようになり、冒頭の自分の想いと、会社の募集と合致して応募に至りました。

「苦労を乗り越えて商談が成立した時の充実感」

営業職なので、やはり商談の決まった時に、最も達成感を得ることが出来ます。
私たちの商材であるDCモータは、営業に初めて行って、数日で決まるものとは異なります。商談が開始してから、数年かけて成立に至る場合が多く、根気良く対応しなければなりません。時には厳しいことを言われることもありますが、お客様の製品化までのスケジュールに、自社の対応が遅れないように、日程管理や関連部署との調整を図る業務が大変です。
しかし、時間を数年費やした分、商談成立に至った時は、非常に嬉しいですし、お客様のお役にたてたこと、会社の売上に貢献出来た達成感で嬉しくなります。また、この喜びを遠く離れた本社の工場にいる開発・製造部門のメンバーと分かち合うこともできます。
今後は更にさまざまなお客様の製品特長を勉強して、よりタイムリーな提案が出来るように努めたいです。

「この仕事の本質はお客様の課題解決をともに行うこと」

当社の社名には「キヤノン」が含まれているため、「カメラや事務機」に関係する仕事ばかりを連想するかもしれませんが、私の所属する部署はDCモータをキッカケにした「お客様の技術的な課題解決」をともに行うことが仕事です。
DCモータは普段の生活で目に留まる機会が、ほとんど無いものですが、生活の縁の下を支える大事な部品です。
自分達の普段の生活で接しているモノの一部に、当社の製品が役に立っていると思うとワクワクします。初めから「DCモータの営業がしたい」と思って就職活動をされる方は少ないと思いますが、さまざまな経験が得られ、自分の成長に繋がる仕事です。皆さんと一緒に仕事が出来ることを期待しています。

  • 社員の所属は取材当時のものです

<ある日の一日>

  • 8:30 出社
  • 9:00 デスクワーク商談中の案件に関して製造 or 設計部門と進捗確認
  • 13:00 課内打合せ先月の実績を確認しながら、今後の対応を検討
  • 16:00 お客様を訪問製品の仕様確認の打合せ
  • 17:15 業務終了訪問先から直帰